1. エンジョイ・ニッカントップ > トピックス > 新・荒フォー?寒フォー!走る

まだまだ荒フォー?寒フォー!!

更新
12/12/01
新・荒フォー?寒フォー!走る

富士山マラソンレポート その2/走る

富士山マラソンレポート その2です。20キロを過ぎて21キロに差しかかるころになると、河口湖から西湖へ通じる急な上り坂に入ります。他はほぼ平坦なコースだけに唯一のアップダウンの箇所です。 この上り坂は約1.5キロで100メートルぐらい上がる感じ。岩屋ちゃんからは「ここを7分で通過したいですね」と言われていました。

ここまでは予定通り順調に来ているだけに「何としてでもそのタイムで上ってやる」と気合を入れます。

IMG_0088.JPG

しかし、20キロを走ってきてこの急坂はこたえます。歯を食いしばって歩を進める感じ。周りのランナーも黙々と坂を上がっていきます。そして、ようやくトンネルを抜けて少し行くと西湖が見えてきました。

IMG_0089.JPG

ちなみに、20キロから21キロのラップは5分28秒、21キロから22キロが5分54秒、そして坂を上っていた22キロから23キロが7分07秒。「おー、予定通りのタイムじゃん」と軽く感動しながら「さあここからまた5分30秒ペースに戻すぞ」とさらに気合を入れます。

西湖は河口湖よりさらにその奥ということもあり、ほとんど応援の人はいませんでした。そして、時折寒風が吹き抜けていきます。「寒いな」とは思いましたが、頭の中は「5分30秒ペースを何とか守ろう」ということでいっぱい。23キロから24キロは5分37秒とペースを戻しました。

IMG_0090.JPG

以下は25キロから30キロのラップタイムです。

5分25秒(25キロ=2時間18分06秒、この5キロが29分31秒)-5分35秒-5分30秒-6分00秒-6分31秒-5分28秒(30キロ=2時間47分10秒、この5キロが29分04秒)

もうお気づきだとは思いますが、28キロ、29キロとラップが6分台に落ちています。おにぎりを食べたりした補給による遅れも若干ありますが、この頃から右ひざの横がこわばる症状が出て、マッサージやストレッチによるロスタイムがあったのです。

IMG_0092.JPG

30キロの通過は2時間47分10秒。目標ペースの5分30秒を守っていれば2時間45分なので、約2分の遅れ。頭の中は「残り12キロちょいを1時間13分以内で行けばサブフォーだ」とサブフォーへの皮算用ばかりが占めていました。まずは、「3時間以内にどこまで走れるか、少しでも貯金をしたい」と心が焦ります。

しかし、その思いも33キロで終わりました…。

以下、31キロから35キロのラップです。

5分48秒-5分18秒-5分45秒-6分00秒-6分30秒(35キロ=3時間16分17秒、この5キロが29分11秒)

33キロ地点までは何とか持ちこたえていたんですが、28、9キロ付近でこわばってきた右ひざの痛みが限界に来ていました。右ひざの横が固くなって棒のようになる感じ。痛みも増してきて、途中で立ち止まって屈伸やマッサージをしないと走れなくなってきました。まだ9キロもあるのに…。しかし、この時はまだサブフォーはあきらめていませんでした。

しかし、35キロ付近には約100M上ってきた急坂の帰りが待っていたのです。

IMG_0096.JPG

この下り坂はきつかった~。たたでさえ足がもうこわばってきてるのに、この坂を下るとひざだけでなく足首が痛いんです。特に右足首には激痛が走り、坂の途中で1回止まってしまうほど…。下りの方がはるかにきつかったです。

坂を下り終えると河口湖に戻ります。ここからはゴールまでのカウントダウン。残り7キロを44分以内であればサブフォー。1キロ6分ペースです。足のことを考えると「たぶんきついだろうな」とは思っていてもなかなかあきらめきれません。「できるだけもがいてやろう」と思って走っていました。

IMG_0098.JPG

しかし、気持ちとは裏腹で体は言うことをきいてくれません。

以下、36キロからゴールまでのラップタイムです。

5分57秒-6分22秒-6分39秒-6分32秒-7分21秒(40キロ=3時間49分08秒、この5キロが32分51秒)-7分45秒-7分24秒-5分28秒。自分のGPS時計は42.6キロ走ったことになっていました。

もうヘロヘロです。特に40キロからゴールまではひどいもの。歩いちゃおうかと思ったくらい。マラソンはやっぱり難しいですね。それに長い。これが9カ月ぶりのマラソンの率直な感想です。それにしても4時間10分25秒のネットタイムはいろんな意味で惜しいし悔しい。「昨年より36分も早くなったからいいじゃないか」とも思いますが、今回はコースも違うし単純に比較できません。

IMG_0099.JPG

足が痛くならなければ、もしかしたらサブフォーが達成できたかもしれませんが、この結果は 練習不足の証しだと思います。なかなかできませんが“練習でも42キロを走る必要がある”のかなとも思います。

この教訓を次の東京マラソンに活かすのは当然です。今度こそサブフォー達成を報告したいです。

[12/12/01]

浦部歩
浦部歩
NS2 | ツイッター
浦部歩(うらべ・あゆみ)
 1964(昭39)8月7日生まれ。神奈川県出身。中学・高校時代は陸上部、大学では軟式野球同好会に所属。88年日刊スポーツ新聞社入社。趣味は酒と子育て。陸上部では1500メートル、5000メートルの中、長距離が専門。1500メートルのベスト記録は4分9秒6、5000メートルが16分35秒。しかし、今は全く走っておらず、マラソンを走る自信はない。175センチ、74キロ。血圧144、93(10年12月現在)
岩屋良明(いわや・よしあき)
 1966年(昭和41年)1月27日生まれ。岐阜県出身。中学・高校時代はバレー部、大学では山登りなど。91年日刊スポーツ新聞社入社。趣味は酒と釣りとスキー。10年10月頃からランニングを始め、同11月の河口湖マラソン1周の部(約27キロ)に出場。それ以降すっかりハマってしまう。174センチ、68キロ。血圧132、92 (11年12月現在)

※現在コメントは受け付けておりません

このニュースには全0件の日記があります。


新聞購読のご案内

今日の占い

水星
12/16〜1/15
忘れていることがないかよく考えて。やらなければならないことがあったはず[詳細