1. エンジョイ・ニッカントップ > 行ってみました 世界遺産

世界遺産

2013年3月12日
◆マチュピチュ歴史地区・下◆

 ワイナピチュ(若い峰)の登山口の手前に「聖なる岩」がある。高さ3メートル、幅7メートルで、山型になっている。霧で見えなかったが、石越しに見えるアンデスの山の形と同じように作られているという。「山の民」といわれていたインカの人たちの山への崇拝を示している。

matyup1.jpg
 

 ここからマチュピチュ(老いた峰)方向に戻りながら、居住区域に入る。石積みの壁で四方、三方が囲われているものと、うち2つの壁が屋根をかたどるように三角形になっているものとが混在したり、棟続きになっていたり、とにかく「家」がたくさんある。一応、順路を示す標識はあるが、路地に入ると同じような石組みの建物だらけで、どこを歩いている分からなくなる。その場合は上るか降りるかして位置を確認したほうがいい。「技術者の居住区」「2階建ての家」「3つの入り口の家」など名前が着いたものはあるが、あくまで後からつけられた名前。何に使われていたかは分かっていない。「夏至の石」というのがあった。石組みの上に自然石が乗っかっており、自然石には3段の階段にいすのようなものが彫られている。「ここに座ると夏至の太陽が正面に見えた」とガイドは説明した。

matyup2.jpg
matyup3.jpg

 主神殿の石組みはピッタリとあわされていた。居住区域の石組みはちょっと不ぞろいな仕事ではあるが、たぶんそこに最初からあったであろう自然石の巨石を巧みに石組みに組み込んで利用している。その技術や発想力にもびっくりさせられる。削る道具も運ぶ道具も今とはまったく違う中で、どうやってこれだけの石組みをつくれたのだろうか。建物の総数は約200とされ、いまは天井には何もないが、イチュというイネ科の植物で屋根を葺いていたとされ、一部復元されている建物もある。

matyup4.jpg
matyup5.jpg

 街には最盛期でも500から1000人ぐらいしか住んでいなかったとされている。太陽崇拝と天文観測のための「宗教都市」という説が有力だが、アクリャ(太陽の処女)という巫女が生活し、太陽にささげるチチャ酒をつくるトウモロコシをアンデネスで栽培していたとも言われているそうだ。スペイン人の征服を逃れるための都市ではなく、その前から神聖な都市だったのだろう。出土した土器などはインカ帝国がアンデスを統一した15世紀ごろのものだという。スペインの侵略者フランシスコ・ピサロ一行によってインカ帝国が滅ぼされたのが1532年。そのころには、この都市は棄てられ、しかも忘れられていたというから、存在はほんの一握りの人しか知らなかったということなのだろうか。いすれにしろ、謎だらけなのが街の魅力でもある。

matyup6.jpg

 重要な建物の1つに「太陽神殿」がある。行ったときは内部に入れなくなっていたので「上から見たほうが分かりやすいです」と、上段部から見た。カーブした壁には四角い窓が2つ空いており「左は夏至、右は冬至のときに太陽が窓の正面に見える」という。差し込んだ光が当たる場所には大きな石があり、そこにいけにえなどをささげたのだろうか。太陽神殿の下には墓地があったという。また、イチュで屋根をつけている「皇帝の部屋」と、2階建ての「王女の宮殿」が、太陽神殿をはさむよう建っている。

matyup7.jpg
matyup8.jpg

 いよいよ居住区も終わりに差し掛かるところには「コンドルの神殿」。地面にはコンドルの頭とくちばしを表した石が埋め込まれ、その背後には自然石を利用して2枚の羽を広げたような石が立っている。右の羽になっている石の下には人1人がやっと通れる洞窟があり、中に入ると途中に祭壇のようなものがあった。「動物の骨などが出てきたというので、いけにえを捧げていたのかもしれません」という。

matyup9.jpg
matyup10.jpg

 狭い洞窟を抜けると、アンデネスが整然と並ぶ開けた場所に出る。なぜか、ため息が出た。空気が薄いためではなく、マチュピチュを巡ってきた充実感だろうか。水の音がする。アンデネスの脇にはいまも水が流れる水路が残っていて、こちらも「段々」に水が落ちていく。

matyup11.jpg
matyup12.jpg

 アンデネス越しに、マチュピチュ村からバスで上がってきた「ハイラム・ビンガム・ロード」が見える。そこを下っていくと、この街とお別れだ。遺跡に入ったときには霧でほとんど見えなかったのがうそのよう。「見えてくれてありがとう」。出口に向かいながら、自然と何度も振り返っていた。

matyup13.jpg
matyup14.jpg

◇飲んでみました◇
 高山病に効くというお茶が、さすがアンデスの国ペルーにある。標高3400メートルのクスコに着いて、2800メートルのウルバンバという街に宿泊した。ホテルのロビーには温かい「マテ茶」のポットが置いてあり、自由に飲める。最近日本ではダイエット効果があるように売り出されているが「このお茶を飲めば高山病が和らぐ」という。番茶を薄くしたような色で、味はうまく表現できないが、ちょっと苦味がある。砂糖も置いてあったが、かむようにして飲んでみると甘さもあるので、そのままでもおいしいと思った。ハーブティー(といっても味はいろいろでしょうが)だという。

matyup15.jpg

 マチュピチュを往復する「ペルーレイル」では、有料の車内販売に続いて無料の飲料が供される。行きも帰りも「コカ茶」を注文。コカ茶はこちらではマテ茶の一種で、日本のお茶にもいろいろ種類があるようなものらしい。名前の通り、麻薬のコカインを取るコカの葉のお茶。コカの成分が入ったものはお茶でもチョコレートでも何でも、日本に持ち帰れないので飲んでみた。ホテルのマテ茶とほとんど違いを感じなかった。これも高山病にいいという。もちろん、麻薬の症状は出ないし、日本に帰っての禁断症状もない。

matyup16.jpg

 ペルーの人気飲料に「インカ・コーラ」がある。黄金の国インカをイメージした黄色い炭酸飲料。試しに飲んでみたが、我々が日本で飲んでいるコーラのような刺激のある味ではなく、サイダーに色をつけて甘くした感じだった。

matyup17.jpg

2013年3月12日| コメント( 0 )

◎コメントを投稿


新聞購読のご案内

今日の占い

水星
12/16〜1/15
忘れていることがないかよく考えて。やらなければならないことがあったはず[詳細

行ってみました 世界遺産 一覧

  1. ◆チトワン国立公園(ネパール)◆(1984年登録) [2014年8月28日]
  2. ◆古都メクネス(モロッコ)◆(1996年登録) [2014年8月21日]
  3. ◆セルギエフポサードの至聖三者聖セルギイ大修道院の建築的遺跡群(ロシア)◆(1993年登録) [2014年8月14日]
  4. ◆トロイの古代遺跡(トルコ)◆(1998年登録) [2014年7月29日]
  5. ◆ナスカとフマナ平原の地上絵・下◆ [2014年7月18日]
  6. ◆ナスカとフマナ平原の地上絵(ペルー)◆(1994年登録) [2014年7月 9日]
  7. ◆コトルの自然と文化歴史地区(モンテネグロ)◆(1979年登録) [2014年6月25日]
  8. ◆白川郷・五箇山の合掌造り集落・下◆ [2014年6月12日]
  9. ◆白川郷・五箇山の合掌造り集落(日本)・上◆(1995年登録) [2014年6月 4日]
  10. ◆ヴォルビリスの古代遺跡(モロッコ)◆(1997年登録) [2014年5月27日]
  11. ◆アイト・ベン・ハッドゥの集落(モロッコ)・下◆ [2014年5月22日]
  12. ◆アイト・ベン・ハッドゥの集落(モロッコ)・上◆(1987年登録) [2014年5月14日]
  13. ◆スプリット歴史的建造物群(クロアチア)◆(1979年登録) [2014年4月28日]
  14. ◆ハロン湾(ベトナム)下◆ [2014年4月17日]
  15. ◆ハロン湾(ベトナム)上◆(1994年登録) [2014年4月 9日]
  16. ◆厳島神社◆(1996年登録) [2014年3月26日]
  17. ◆フェズ(モロッコ)下◆ [2014年3月18日]
  18. ◆フェズ旧市街(モロッコ)上◆(1981年登録) [2014年3月13日]
  19. ◆ウラジミールとスズダリの建物群・下◆ [2014年2月28日]
  20. ◆ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群(ロシア)上◆(1992年登録) [2014年2月18日]

記事一覧 ]